医療ローンとインプラント

インプラントは、歯科医院で行う入れ歯治療になるのですが、普通、入れ歯といえばマウスピースのように自分の歯のかたちどった義歯を口の中でくわえて使うものになりますが、口の中の歯肉は絶えず変化しているため、歯科医ではしっくりはまっていたつもりでも、朝晩や飲食の前後ではずれてしまうことがあります。

 

このため、入れ歯と歯肉の間に隙間ができてしまうと、食べ物のカスが挟まってしまい傷みを生じたり、歯肉が炎症して浮腫ができることがあります。

 

入れ歯専用の固定剤や入れ歯の洗浄剤など市販されていますので、こまめに手入れする必要があります。

 

入れ歯の場合、義歯となる材料が白色の硬貨プラスチック製の場合は保険適用となりますが、チタンや金の場合は保険が適用されませんので、全額自己負担となります。

 

話をインプラントに戻すことにしましょう。インプラントは、入れ歯の技術をさらに発展させたもので、歯を一本一本根元から義歯で作り直しして、歯肉に埋め込み術を行うものとなります。

 

インプラント術は、現在の歯を根元から抜き取り、義歯を埋め込むことになりますので高度な術を要するだけでなく、術ができる設備環境が整っていなくてはいけません。

 

さらには、歯科医だけでなく義歯を作る歯科技工士などのスタッフもそれっている必要があるため、どこの歯科医院でもできるものではありません。

 

インプラントは、歯肉癌で歯肉を切除してしまった場合の形成術として行う場合は、保険が適用されますが、通常は保険が適用されませんので全額自己負担となります。

 

インプラント術は高度な術と義歯を手作りするためかなりの高額な治療費を要します。

 

このため、インプラント術を行っている歯科医院では医療ローンを取り扱っていることがありますが、インプラント術にかかった費用のみがローンの対象となり、通院にかかる別途自己負担となることが多いようです。